ART x TECH = AR7


AR7プラットホームは有形・無形の作品の所有権をAR7ネットワークで管理する「アートAR7ネットワーク」です。 今、あなたの作品をAR7の技術で、唯一のデータにして、 世界中の人々に紹介し、流通することができます。

AR7プラットホームは、「世界にたった一つだけ」の有形・無形の作品の情報が記録された、 デジタル資産である。一度AR7ネットワーク上に記録されたアートピースの所有権は、偽変造ができなく、全ての情報が透明に公開される。 このような特徴により、実物から発生する問題を改善することができる。 AR7プラットホームは実物をトークン化した固有の情報を使用して、デジタル所有権を保障し、区分と検証が容易であるという利点を持つ。 ネット上でいつでも最初の発行者を確認することができ、すべての売買取引情報を確認することができるため、偽物を作って流通することを防止することができる。 主に音楽や美術作品などの、著作権の管理が必要な分野に適用され、実物から発生する問題を改善することができる。


1. 希少性

世界にたった一つだけの、すべての有形・無形の作品を固有の情報で管理

原作の価値を評価されるために必ず備えるべきの重要なポイントは、「希少性」である。つまり、その作品だけが、世界唯一の原作という認識である。 たとえば、ルーヴル美術館のダ・ヴィンチの「モナリザ」は、すばらしい価値があるが、グーグルで検索して見れる「モナリザ」の画像の価値はゼロに近い。

2. 耐久性

作品のすべての情報がAR7ネットワークに永久的に記録されて、偽造・変造が不可能であるため、作品の価値が保障される。

アートのデータは、スマート契約を通じてAR7ネットワークに保存され、それぞれのトークンは、偽造・変造することができない。

3. 流動性

作品の所有権を複数の人に分割して販売することができる。

既存の美術作品の市場の場合、売買価格が高くて、一般的に買い手を見つけるのが難しく、流動性が低い市場であった。 しかし、AR7プラットホームを通じて作品の所有権の分割販売が可能になり、デジタル資産の取引を促進することができるというメリットがある。販売された作品は、法的に保護される公認された業者に委託して保管することができる。

4. 透明性

公開売買履歴照会

誰もがネットで作品の所有者の情報及び作品の所有権の売買履歴を照会することができる。 特定の作品に関する情報がAR7ネットワークに保存され、第3者の検証がなくても作品の真偽を見極めることができる。

5. 拡張性

所有権の中間流通(エージェンシー、ギャラリー)代理販売することができる。

既存の競合他社のテクノロジーは、デジタル作品、個人対個人の直接販売モデルに最適化されている。AR7は、より現実的にアプローチして、ギャラリー、エージェンシーが管理できる機能を提供する。

6. 収益性

ART Platform;AR7ネットワーク上に構築された分散型金融)のモデルでAR7プラットホームに委託し、専門運用会社に管理されることによって、資産からの収益を最大化できる。

銀行に資産を委託して運用し、収益を上げるように、芸術作品の所有権であるアートピースを委託して、金融商品のように収益を上げることができる

7. アクセシビリティ

専門知識のない簡単な方法でデジタルアートワークを登録

アート作品の所有者であるアーティストとギャラリーはAR7ネットワークの技術的な専門知識がなくてもAR7が提供するサービスを介して簡単に高度なアートネットワークを使用することができます。また、AR7が提供するプラットホームマーケットを通じてアート作品を簡単に販売、購入ができます

プロジェクト

ここでは、AR7サービスのために現在進行中のプロジェクトを共有できます。
ここでは、開発、ビジネス、コンテンツの集約に関するすべての進捗状況を提供します。
こちらのリンクから、進捗状況や詳細をいつでも確認できます。

パートナーと協力できることをうれしく思います。

20カ国のさまざまなパートナー。私たちの友達をご紹介します。

391B Orchard Road, Ngee Ann City Tower B, Level 22, Singapore 238874

月〜金:午前10時〜午後6時

フォローする